FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

【雑記】今年のエロゲは不作云々。

c769053package.jpg


 ※以下の文章では今年のエロゲが不作だとか、豊作(この言い方はみたことないですけど)だとか断定するものではありません。個人的なことを言うだけです。それをご了承いただける方のみ、お読みください。

 この話題に関しては2chで毎年見る「今年のエロゲは不作だったよな」(細部が違っても許してください・・・)というスレタイは煽り文として巧いなと思うことです。

 まず、不作かどうかなんて決まらないんですよね。

 発売されたエロゲの感想や点数のデータを保有している最大手と言えばエロゲ批評空間を思い浮かべますが、批評空間の点数で決定したところで不満を持つ人は居ると思います。まぁ、当然のことと言えば当然のことで、批評空間の目的がデータ遊びというか、統計という評価方法の一つに過ぎない。指標の一つに過ぎませんので、不作か豊作…年度の当たり外れを決めるという目的で考えると違うものです。さらには単発IDでの連投云々などが槍玉に上がり、不作か否かが決まることなどはなくお流れになることはよくあると思います。

 (ユーザーとしては個人的に信頼出来たり、嗜好が合ったりするレビュアーさんを見つけたり、またはPOVやらのデータを用いたり…“自分にとっての”良作を見つけるため、非常に有用なサイトの一つではあると思いますけどね)

 また、売り上げで語ろうとすれば、そのデータに信頼性は云々や売り上げと中身の乖離が云々で、わりと決定打になることはなく、話題が終わっていることが多い。

 結局、「不作」と言って業界全体のこと話しているのに、その実、話せることと言ったら、個人の感想でしかない。そのため、「今年は面白い作品に出会えた/出会えなかった」だから「今年は“個人的には”豊作だった/不作だった」程度の結論になるのはわかっていることです。

 けれど、あれは煽りタイトルとして正しいし、そこで起きる話し合いはあんまり無駄ではないと思います。実際はこの煽りタイトルに対して、「いやいや、こんなに面白い作品あったでしょ」と意見がでることでエロゲの話題が活発になるもの。あそこで反対意見として挙げられたエロゲのタイトルたちを見る度に、ああ、豊作だったのかと振り返って楽しめます。

 それはTwitter辺りに流れても変わらないですね。TLは今年のエロゲの話題で持ちきりになったりしますし、この人はどういう作品が面白かったのだろうなどがわかったりする。こうしてみると、わりと有用なスレなんじゃないかなと思います。

 まぁ、だからこそ、「今年のエロゲは不作」なんてスレタイは毎年出てきますし、あれは煽り文として巧いなと言ったわけです。

 結局、業界自体の不作かどうかは決定できなさそうですし、最初に言った通り、今回の記事はそれを決定するようなものでもありませんし、する気もありません。

 2013年発売の作品の個人的なランキングをやりたいなーと思いまして。

 ええ、前置きが長かったわりに言いたかったことはこれだけです・・・。「今年のエロゲは不作だった」この言葉に対してぼく自身は実感がわかないんですよね。なぜかと言うと、ぼく自体はあんまり新作をメインに追いかけると言うことはなく、分量的には過去作がメインなんですよ。そうすると過去作の合間に少々の新作をプレイしている状態に・・・。そのため、エロゲ自体に対するイメージはその年に発売したエロゲに対するイメージよりも、その年にプレイした過去作のイメージの方が強くなり、毎年言われている「不作」という言葉に実感がわかない・・・。そのため、前述したような反対意見としての良作だと思ったタイトルを即座に上げることができず、眺めているだけになることが多いんですよね・・・(前年の作品なのか今年の作品なのかがときどき曖昧になるという・・・)。楽しそうだなと思うんですけど、あんまり参加できないのが悲しいと言うか・・・。

 また、年ごとにどうぼくのエロゲに対する不作か否かは変化しているのだろうな?と疑問に思ったので、まとめて置きたいなと。今年発売の作品でプレイ済みが大体30本ちょっと、前述の作品を足せば35本程度はあるので、適当にデータとして残すついでに記事ネタにしてしまえという魂胆(全部にコメントを付けることはしません。上位10本位にはコメント付けて、残りは点数だけにしようかなと)。批評空間でもいいのでしょうけど、単純にゲームメーターと同期させたら中途半端になってしまい、登録がめんどうくさいことになっているので、放置しているんですよね・・・。年ごとの傾向ということは2012年以前のまとめも作らないといけない感じですけど、まぁ、それは今度気が向いた時にでも・・・。

 以上、今月のプレイしたい作品が新作・・・桜舞う乙女のロンド、ものべのHE、ChuSinGura、グリムガーデン、おじょナナ(虚は殻再プレイしてからやろうと思っているので、時間的に無理そうなので断念)・・・に偏ってしまっているのもしょうがないね、という話でした。
関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。