スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

『女装海峡』 レビュー。

c759455package.jpg

※ネタバレ注意

 ハーレムルートパッチが無料配布されたとのことなので、ハーレムルートをプレイしてきました。ハーレムルートの雑感ついでに、『女装海峡』の簡単なレビューというか少しばかりお話を。

 タイトルからもわかるとおり、『女装海峡』はヒロイン全員が男の娘の作品。男の娘・・・心は女、性別的には男。そんな男の娘というのはエロゲではそこまで出てこない。出てきたとしてもメインヒロインではなくサブとしての場合ばかりですね。それはエロゲが男性ユーザー向けであり、また、売れなければならないという商業的な問題が重なることから、男の娘をメインに据えるのは難しくしているのが、理由というのは当然と言えば当然。

 しかしながら男の娘をメインに据えた前作、『女装山脈』を出した『脳内彼女』。ミドルプライスであるとはいえ、商業メーカーであるため、結構挑戦的だったのではないでしょうか。

 女装山脈では男の娘を全面に押し出す。そもそも男の娘しか攻略キャラクターに居ない。ただ、ヒロイン達は性別が男であるのに、外見やしぐさは女性的なんですよね。女装山脈における男の娘の魅力って、外面の女性的な魅力から女性的な内面を想像させる・・・だというのに、実際は男である。このギャップもさることながら、同性であるがゆえに、男性であるユーザーの心情がわかるとほのめかす・・・ユーザーを肯定してくれる存在となってくれることも魅力に繋がるんですよね。ふみさんなんて特にそう。古き良き妻の理想をそのまま描き、かつ女よりも同じ男である方が気持ちはわかるのだと言う。この良さはこれを味わった人はわかるかなと思います。

 今作の『女装海峡』は前作からのマンネリ化を防ぐためなのか、男性らしさをキャラクターに付与してきました。

 これは個人の趣向なんですが、響までは受け入れられ・・・最終的には気に入るまで至ったのですが、七生はどうしても受け入れられない。男らしさが前面に出す・・・背の高さから剛毅な言葉使いまで。外面的な女性的魅力とその性別のギャップから引き起こす楽しみを男の娘に求めていたぼくとしてはどうしても受け入れがたく感じてしまったのです。

 それでも男の娘のち○こをしゃぶり・・・男の娘に誘惑され、興奮し自己嫌悪する主人公は相変わらず笑えますし、妊娠する男の娘、言葉責めのMシチュは健在。

 前作と比べるとシチュエーションという点において、ある一点を除いては匹敵するものでした。ある一点・・・ようは今回追加されたハーレムルート分が足りなかったんですよね。今回のハーレムルートは選択肢から直接エロシーンに飛ぶ形式であり、実質エロシーンの追加だけ。前作の『女装山脈』にようやくシチュエーションで並びたてたと言ったところでしょうか。

 ヒロインとしての魅力は前作と別物になってしまいましたが、シチュエーション的には前作と同質となり、前作が楽しめたのであれば、巡や響が罵ってくれ大変使える抜きゲーとなったんじゃないかなと。

レビュー一覧へ
関連記事
スポンサーサイト
1:No title

コメント失礼(西田さんのリツイートから)
男らしさ、がにじみ出る様になったというのは
何となく分かりますです。
ですがそのおかげでむしろイチャイチャ度は
山脈より上がってるのが
この作品のすごい所というか脳内彼女さんの
恐ろしい所と言えるんじゃないかなと思います。

ハーレムルート搭載で元々パラダイス感のあった
今作ですが楽園が完成した感じですね。
次作が出て本当に空が舞台だとしたら
どのような切り口で取り組むのか、全く目が離せないブランドさんであります。

2013.10.11 22:57 #- URL[EDIT]
2:Re: No title

> コメント失礼(西田さんのリツイートから)
> 男らしさ、がにじみ出る様になったというのは
> 何となく分かりますです。
> ですがそのおかげでむしろイチャイチャ度は
> 山脈より上がってるのが
> この作品のすごい所というか脳内彼女さんの
> 恐ろしい所と言えるんじゃないかなと思います。

男らしさがイチャイチャ度の向上に繋がるというのはぼくにはなかった視点です。しかし、そこはうなずける部分もあるので、そう考えるのはありだと思いました。今度プレイする時はその辺りも気にしてやってみます。


> ハーレムルート搭載で元々パラダイス感のあった
> 今作ですが楽園が完成した感じですね。
> 次作が出て本当に空が舞台だとしたら
> どのような切り口で取り組むのか、全く目が離せないブランドさんであります。

同種の作品でも別の方向性を見せて飽きさせず、ニッチ需要も満たしてくれる『脳内彼女』さんからは今後も目が離せないですね。

2013.10.11 23:29 カナカナ #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。