FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

2013年9月:罪ゲー。

 罪ゲー・・・もとい、積みゲーを視覚化しようかなと。タイトル全部打ち込むのはさすがに時間的に辛いので、積みゲーを棚に詰めた写真で(相変わらず画質がゴミみたいに汚いのは許してください・・・)。ゲームメーターでも良いんですけど、更新をちまちまサボっているのでこちらにまとめます。

 まぁ、実際は先月にプレイした作品のまとめというか、この月は何をプレイしたのかなというのを忘備録としてまとめただけです、はい。月末は主に新作で忙しいので月初め更新。棚の中身が減っていくのを淡々と移していくことになるでしょうね(最近増えっぱなしだけど)。罪って言っているのは半ば冗談ですので、スルーしてください。ま、視覚化したところで焦らずいつものペースでエロゲしていますけど(罪の意識なし)。

 ワゴンというか・・・安い作品はプレイするのがどんどん後回しになるため、どんどん残っていくんですけど、どうしたらいいのでしょうか・・・。

2013年9月現在の罪。

IMG_2997.jpg
IMG_2973.jpg



IN:購入した作品一覧。
ParallelHarmony
あおぞらストライプ
パラノイア(和み匣、ピアニッシモ未プレイ)
月箱(月姫、歌月十夜)
バルドスカイゼロ
大図書館の羊飼い~放課後しっぽデイズ~

プレイしたゲームは一応短評も。レビューで長々と書いたので本当に軽くですが。

OUT:プレイした作品一覧。

c748164package.jpg
80点 BALDR SKY Zero -バルドスカイゼロ-

 本編バルドスカイとは別物の戦闘システムの採用をしており、コンボゲーとしての爽快感は減ってしまったが、その代わり戦闘の幅が増え、楽しさは薄れていない。 地味なバグは多い、敵のシンボルは少ない、Dive1と比べて武装数半減、と駄目な部分は多いけれど、それらを飲み込んでも熱く面白いと言いたくなる作品。


c65261package.jpg
75点 天使ノ二挺拳銃

 この作品の“天使”から“死神”を想起する人は少なくはないだろう。人の死を眺めていき、死生観を綴った作品。そういう作品も古い作品の中にはあるし、この『天使ノ二挺拳銃』はそうなると思っていた。しかし、そうはならないのがNitro+。カーチェイス、ゾンビ(正確には違うけど)、ガンアクション、刀VS拳銃、数々の無駄に凝った設定の銃器類。こんな題材でも料理の仕方は彼ららしさが息づいている。作品自体の色は暗めであるのに、決してその雰囲気を壊すことなく、その延長線上で「天使?死生観?劇症化現象?ごちゃごちゃ考えず、バトルしようぜ!」な作品。なんというか、奇妙な痛快さを感じてしまった。


c725540package.jpg
70点 水の都の洋菓子店

 日常描写が面白いからこそ、個別の山場のカットや舞台設定が活かされないなど、作りこみの甘さが目立ってしまった作品。しかし麻里というかわいいヒロインのおかげで楽しいものとなっていた。日常部分の進行において、かわいい麻里が周りを振り回す・・・物語の主導を握る部分が大きいからこそ、この作品の共通は面白い。また、ちゃんとお菓子作りの修行を積んできた好感の持てる主人公。きっちりとした目標・・・洋菓子店を盛り立てていこうとする・・・物語の軸があるため終始飽きずに進められました。


c729500package.jpg
70点 この大空に、翼をひろげて FLIGHT DIARY

 本編のコンセプトは崩さず描く佳奈子とほたるif。主人公たちの青春を愚直なまでに描いた本編とは異なり、青春を忘れた大人たちが青春を思い出す姿を通して、その姿と主人公たちの姿を対比し、第三者の視点で感傷を・・・憧れを・・・熱量を・・・結局は青春を描いていく、ソアリング部アフター。物語は本編と変わらず愚直なまでに青春を描き切る本編と同様に気持ちの良い作品となっています。



c761810package_s.jpg
70点 幻創のイデア-Oratorio Phantasm Historia-

 登場人物はきっちり対比させるから魅力が出る。そんな魅力的な登場人物での掛け合いを吹き出しで感覚的に解りやすくし、複数の現在で物語を進行していくからこそ、飽きずに進められる。でも戦闘は盛り上がらないのは・・・勿体ないですねぇ・・・。



c497485package.jpg
70点 魔界天使ジブリール

 ここからNTRというか汚いおっさんに犯されるヒロインというか・・・そういう路線へシフトしたことを感じさせる。1、2よりも4以降の路線が好みなのでわりと好きな作品ではあった。ジブリールというシリーズでやる意味は・・・と問われると何も言えないところですが・・・。


c660666package.jpg
80点 らぶでれーしょん!

とにかく麻薬的というか、癖になる。『SMEE』の作品を“萌えの凶器”と評した方を見かけたことがあるが、まさにその通り。癖になりすぎて、怖い。 キャラクター性を強化。また、プレイヤーに不快感を与えないことを重視する。無理に感動を描くわけでもないし、物語性もない。けれど、それでいいのではないかな、このお話は。心地よさと甘さ・・・シナリオ偏重の作品に疲れたプレイヤーにオススメしたい一作です。

9月の罪の数:+2

現在の罪:47本
関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。