スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

8月の予約


 今月の予約した作品。

 『悪の女幹部2』
 見下されている状態から、主人公の下剋上を描いていく1とは異なり、本作は潜入ものになりそうですね。前作も密偵みたいな立ち位置だったので、やっていることに変わりはなさそうですけどね。性格はシナリオを動かしていく主人公らしい造形になっていそうで、ストーリー自体にも期待が持てそう。不安点は、前作はルナテミスのキャラデザが好みだったのですが、ぱっと見た感じ本作では、目にクマが出来た娘くらいしか好みに見えないのが・・・。


 『ひまわり-あなただけをみつめてる-』
 「E-mote」搭載だから買い…というのはさすがに冗談ですが、最近、購入理由がこれだけになっている作品が多いので、そうとも言い切れないのはなんとも。今までの「E-mote」搭載の作品は立ち絵だけしか動かなかったのに比べ、本作は立ち絵だけではなくイベントCGまで動くのが売りの一つですか。エロシーンがどうなるのかが一番気になるところです。

 以下、気になる作品。

 『サツコイ~悠久なる恋の歌~』
 忘れてました。予約してから気付いたので後回しです。シナリオに『春ポコ』や『あえ無視』を手掛けた瀬尾順さんの名前があるので、プレイはしておきたいところ。


 今月は気になる作品も少な目ですかね。来月は過去作を消化する月になりそうです。

 近況としては「エスカとロジーのアトリエ」の一週目が終わりました。周回用の装備を整えたは良い物の、DLC2の敵も倒してしまい、あとはエンディング回収程度なので、あんまりここからのモチベはないので一旦放置です。ブログ更新を放置していた原因なので、そろそろ更新ペースが戻るかなと(感想とか大分放置していますし)。

 今は少しずつ『ユメミライ』の方をプレイしています。作品自体は楽しいのですが、学園物の気分ではないので、別の作品にシフトしているかも。この作品、批評空間でのページが荒れているようですね。批評空間の点数評価に関しての議論は今に始まったことではありませんので、あんまり驚きはないのですが、ああいう渦中の作品ってプレイする気が削がれるので、『ユメミライ』をプレイする気分ではなくなってしまった原因なのかもしれません。

 中央値80以上の作品を、とりあえずでほとんどプレイしたぼくが言うのもアレですけど、正直な話、批評空間があてにならないというのは、多分、工作、単発IDがなくなったとしても正しいのではないかと今では思っています。批評空間では、点数に関して基準はありません。だから、50点が良作だと言う付け方をする人もいますし、70点がそのラインだと言う人もいます。それを集めたところで、どうなのか?と。

 背景(過去にプレイした作品)を含めた個々人の点数、感想はあてには出来るのですが、それを集計した結果が絶対的な評価になれるわけもない。それなのに、投稿者を縛ることになる否定の発言を重ねることは、不毛ではないのか。評者の点数の付け方に踏み込んだ発言よりも、その人自身の作品に対する感想を読んでみたいと思ってしまう。

 ぼくが他人の点数自体はあてにしておらず、どういった感想を持ったのかをあてにしているのはこういった理由によるからです。

関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。