FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

【プレイ報告】2014年3月

先月のプレイ報告です。

IN 購入した作品
ハロー・レディ!
ひこうき雲の向こう側
大図書館の羊飼い-DEAMING SHEEP-


OUT プレイした作品


イノセントガール

 イノセントガール
 共通は前作とあんまり変わらないので、新鮮さのみを求めてのプレイは推奨しないです。相変わらず、ヒロインの変態性とかわいさは両立しているので、そこ目的ならありかなと。シナリオは前作と異なり、素直な成長物語にしているため、ギャップに戸惑いました。共通、個別ともにどちらも良さはあるんですけど、もうちょっと共通と個別を埋めるものが欲しかったです。




相州戦神館

 相州戦神館 八命陣
 こういった作品は設定の膨大さ故に、最終的に描きたい物がブレ、自滅してしまう作品が結構あるんですよね・・・。そんな中で、この作品は最後まで描きたい物が一貫していたように思います。そのために、小利口にまとまったという評が多くなってしまったのは可哀想ですが・・・。まぁ、それでも、こういった目的をハッキリ定め、それに向かっていくシナリオは非常に気持ち良くて好きなんですよね…。



650_120.jpg

 私のリアルは充実しすぎている
 フリーの同人作品であり、人生初の乙女ゲーという奴です。基本的に女性キャラクターの外面から内面を想像させ、それで心を動かさせ、それを萌えと感じさせるのが多くのエロゲだと思うのですが・・・本作は乙女ゲーであるので、主人公は女性であり、視点となる彼女の内面をとにかく描いているのが凄く新鮮に感じました。エロゲでもヒロインを、こういった形で表現する作品がたまには出て欲しいなぁと。まぁ、それでも外面→内面として(よーするに普段プレイしているエロゲのヒロインっぽく)描かれた閑音に最も萌えた辺り、結局、萌えゲー好きということを何故か乙女ゲーで再認識できたのはなんとも言えないのですが。





ひこうき雲の向こう側

 ひこうき雲の向こう側
 プレイ後の虚脱感と言いましょうか、喪失感が半端じゃなかった作品。虚構を体験することが、創作物をプレイする、もしくは読む目的であるのだとしたら、終わった後に、あれだけの喪失感を味わわせてくれたこの作品は、それだけ、自分にとって素晴らしい虚構体験を与えてくれた・・・エロゲをプレイする第一義を果たしてくれたのだと思います。



ハロレ

 ハロー・レディ!
 異能の力を使ったバトル物な作品…ともすれば、悪い意味での恥ずかしさに繋がってしまうこの題材を、主人公に強烈な個性付けを与え、その主人公で、序盤をあくまでコミカルに描いたおかげで、取っ付きやすさと飽きない面白さを両立出来ていたのが良かったです。はよ感想書きたい。



大図書館の羊飼い

 大図書館の羊飼い
 再プレイ作品。前回の記事で、一部のルートだけしか再プレイしないとか言いながら、結局、全ルート再プレイしてしまいました。全体的に丁寧な印象を受ける作品ですね。シナリオはキャラクターを捨てない…キャラゲーとして、こういったこだわりを見せるのは結構好きです。これもはよ感想書きたい。


 購入した作品が少なくなっていますね・・・。というか、新作しか買っていない。いや、再購入は2本作位したんですよ?ここには含めていませんが…。

 プレイした作品は、大図書館の羊飼い本編の再プレイも含めると、今月はわりとプレイした月かなと。毎月これ位プレイ出来たら、と思いますが、先月の新作は大図書館しか残ってないので、今月はそんなにプレイしなさそうです。


 土日前に、ハロレの新作の感想を挙げたかったのですが、間に合いませんでした(書くことをまとめてすらいない)。ひこうき雲の感想に時間を取られ過ぎました…。いや、正確に言えば、ひこうき雲をプレイした後の喪失感が酷くて、他のことがあんまり手に付かなかっただけですけど。それにしても、去年に引き続き、90点以上を付けた作品のライターがさかきさんというのは…。今年は他にも、それだけ好みの作品に出会えるといいな、と思います。

変わり映えしなさすぎな積みゲー棚(これを見るたびに、過去作やらないとなぁと・・・)
IMGP0765.jpg
IMGP0770.jpg
IMGP0772.jpg
IMGP0802.jpg
関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。