2014年07月 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

【購入報告】過去作7月4回目

IMGP1230.jpg




 「星織ユメミライ」を購入してきました。購入は批評空間でプレイ時間の中央値が出てからにしようと考えていたのですが、辛抱たまらなくなって…。ついでに「おたマ~おたく仲間はちっこいマニア~」も購入。今月はちと買いすぎているような気がするので、この辺りで自重しないと…。印象残しはいつも通り「続きを読む」へまとめます。

 そういえば「フラテルニテ」の感想を挙げました。書いたあとに他の方のレビューを軽く見て回りましたが「救いはない」と切り捨てる感想が多く、疎外感が…。ニッチなジャンルであるエロゲをプレイする我々の肯定でもあるんだよとか言いそうになりましたけど、さすがに辞めておきました。だって行き着く果てがアレってのは、一趣味でそこまで示唆されるのはキツイですしね。

 これであとは「ちぇ~んじ!~あの娘になってクンクンペロペロ~」の感想だけなのですが、かなり気に入った作品なのに中々まとまらない。書きかけの「レミニセンス」のレビューに逃げたくなってきます。「レミニセンス」のレビューが先に挙がった時は、察していただけるとありがたいです。

 それにしても、予約した新作2本を終わらせて未だに月をまたいでいないとは…。8月新作まで何のエロゲをプレイするか悩みます。「フラテルニテ」…グロ陵辱、「ちぇ~んじ」…TS物とニッチな趣向の作品が立て続けだったので、エロシーンが普通なシチュエーションの萌えゲーとかがやりたい気分。手持ちで該当しそうなのは、「CloverDay’s」「あまつみそらに!」「初恋サクラメント」「星織ユメミライ」辺りですかね。

 新作まで結構期間があるので、この中では一番ボリュームがありそうな「ユメミライ」にしようかなと。のんびりとプレイする気分な上に「エスカとロジーのアトリエ」を並行させるつもりなので、新作までに終わるのかはちょっと怪しい。

続きを読む
スポンサーサイト

『フラテルニテ』 レビュー。

フラテルニテ


※ネタバレ注意 続きを読む

【購入報告】過去作7月3回目

IMGP1214.jpg



 最近、「あかべぇ棚と言ってまとめている割に、車輪とG線ないの?」と煽られた(誇張表現)ので、「車輪の国、向日葵の少女」「G線上の魔王」を購入しました。ついでに「素晴らしき日々」「CLANNAD FULL VOICE」を購入。全て再購入作品です。印象残しは画像で場所を取るので、いつものように「続きを読む」以降にまとめます。

 最近は新作以外では、新規に購入しなくなっているなと。積みゲーでプレイしたい作品が結構あるので、購入意欲があんまり湧かないだけなんですけどね。今月の新作では評判をざっと流し読みした感じだと、「星織ユメミライ」は期待している部分を満たしてくれそうなのでそのうち買おうかなと。「アストラエ」は様子見。「ギャングスタ」「クオリア」は大分短そうなので、もうちょっと値段が落ちたところを狙いたいなと。

 予約で購入した新作はと言うと、「フラテルニテ」「ちぇ~んじ」をプレイし終わりました。「フラテルニテ」がかなり短かったおかげ(5~6時間位?)で土日のうちに終わってしまったのはちと誤算。もうちょっとボリュームは欲しかったかなと。


 「フラテルニテ」はエログロという点では「euphoria」に趣向が似ていますが、シナリオは大分方向性を変えたように感じました。おそらく、前作を期待してプレイするのはまずいかなと思います。個人的には、嗜好に特化させるというやり方はエロゲだからやり易い方法ですので、こういった物語はありだと思います。ただ、グロさは漫画とかの方がよっぽどアレなのがあるので、序盤のフィルタ選択でビビっていた身としてはちょっと拍子抜け。


 逆に「ちぇ~んじ」は前作から引き続き同じ方向性を変えず、安定した面白さでした。コメディ色が強く、TSであんまり興奮しないぼくでも楽しめたくらいなのである意味万人受けしそうではあります。ノリが合わなかったら知りませんけど、というかそこが楽しめるかどうかのキモなので…。

 二作ともぐだぐだと語りたいことがあるので、さっさとレビューを書き挙げたいなと思いつつ、今日はここまでで。


続きを読む

【購入記事】7月新作


IMGP1198.jpg


 新作発売、ということで届きました。届いた作品は「フラテルニテ」「ちぇ~んじ! ~あの娘になってクンクンペロペロ~」です。

 前に印象残しはしたのでここでは軽く。「フラテルニテ」はダークな雰囲気を味わえればそれでよし。「ちぇ~んじ! ~あの娘になってクンクンペロペロ~」はあかざさんの描くキャラクターの掛け合い、エロを楽しめればそれでよし。こんな感じです。土日はフラテルニテからプレイし、平日には感想を挙げられたらなと。土曜日は用事があるのでちょっと終わるか怪しいですが…。

IMGP1206.jpg


 とりあえず、MayBeSOFT作品をまとめている棚に入れてみる。メイビーソフトは箒星、あかざペアの作品とへんし~んシリーズ辺りは地味にプレイ済みなので、他にもそろそろ手を出したいところ。

 今月の新作で他に気になるのは、「クオリア」や「アストラエ」などがありますけど、一番気になるのは「星織ユメミライ」。騒がれている公称プレイ時間が80時間(ボイスオートでなのか、ある程度飛ばしてなのかはわかりませんけど)もある点がやっぱり気になります。公式を見た限りではストーリーよりもキャラクターを重視…もっと言えば日常をメインとした作品に見えるので…。こういった作品でこの長さは思い切ったなと思いまして。それだけキャラクターの掛け合いでプレイヤーを退屈させない自信があるというわけですか。キャラゲーで長い作品ですと個人的には「W.L.O.世界恋愛機構 未来のために、いま恋をしよう。」が真っ先に思い浮かびますが、それでもこれよりは短い。「WLO」はその長さで一切飽きが来なかった作品ですので、そういったキャラゲーになってくれたら嬉しいなと思います。人柱待ちですけどね。


 そういえば、「レミニセンス」本編、FDともに先週の土日で終わりました。どちらも面白く感想を書こうと思っていたのですが、「エスカとロジーのアトリエ」をプレイしていたため、そちらに時間を取られてまるで書けていない…。そのうち気が向いたら、ですかね。

 それにしてもこのシリーズは完結をしない…いや、完結させる気がないのでは?と思ってしまいました。正確には、完結はしているんですけど、「暁の護衛」と関連付けられているせいで、続編を前提にストーリーを作っているように受けとれるのが…。ファンサービスで出しただけで、続編を作る気はないのではと。ただ、そのファンサービスがシナリオの根幹と取れる“キズナの”記憶の物語と密接している上、レミニセンス上ではそれは扱えない。必然、未完と捉えらるように製作せざるを得なかった、そんな風に思えてしまいました。

 個人的には、このシリーズのキャラクターと掛け合いは好みですので、キャラクターの消費が遅くなる未完のまま続くシリーズ化は、そこまで嫌ではありません。まぁ、でも、秀隆よりの恭一の活躍の方が見たいってのはありますけどね。

『Re;Lord~ヘルフォルトの魔女とぬいぐるみ~』 レビュー。

Re;Lord~ヘルフォルトの魔女とぬいぐるみ~

※ネタバレ注意 続きを読む

7月の予約


 今月の予約検討。発売日が結構近いですが、「レミニセンス」が未だに本編とか間に合うのだろうか・・・。

 以下、購入確定作品。

 「フラテルニテ」
 マスターアップしたようで。ユーフォリアが楽しめたので購入確定に。ライターは万夜さん。「無限煉姦」「蟲愛でる少女」「MinDeadBlooD」と手掛けた作品の中で、こういった雰囲気の作品はツボに入ることが多いので、今回はどんなシナリオを見せてくれるのか楽しみです。


 「ちぇ~んじ! ~あの娘になってクンクンペロペロ~」
 こちらもマスターアップしたようで。正直な話、絵師があかざさんな時点で購入確定。この人のキャラクターの描き方が好きなんですよ。コミカルな表情の豊富さ。それでいてエロさとかわいさを兼ね備えている。コメディ色が強めの作品を好む身としては、これだけ萌えとギャグを両立させられそうな絵師さんって貴重な存在なんです。

 以下、上記以外で気になるの。

 「アストラエの白き永遠」
 「いろとりどりのセカイ」の背景グラフィックスが好みだったので気にはなっています。ただ、「星空のメモリア」と比べると、「いろとりどりのセカイ」はストーリーが長大化していたので、もしあれよりも長大化していたらどうなるのだろうかとちょっとおよび腰。購入はどの程度の長さになっているのか判明してからですかね。

 「クロスクオリア」
 「カタハネ」コンビの復帰を売りにしている作品ですか。公式ページを見る限りは面白そう。「カタハネ」は面白かったには面白かったのですが、百合作品で気に入る作品が少ないので、ちょっと様子見。

 「ギャングスタ・アルカディア」
 前作が結構楽しめたので。えーっと…出るのでしょうか?出たとしたら、ある程度値段が下がったところで回収ですかね。

 もう1本購入確定であった「悪の女幹部2」が飛んで行ってしまったので、新作購入は3本だからという気合もどこかへ一緒に飛んで行ってしまいました(元から大して気合なんて入れていませんけど)。今月は大量にあると聞いてビビっていたのですが、自分の購入品を見ると結構余裕がありますね。予約作品を早めに終わらせて、1本位は購入確定に追加出来たらいいなと。


【雑記】反省



 「サキガケ⇒ジェネレーション」にせよ、「はぴねす!えもーしょん」にせよ、「セミラミスの天秤」にせよ、「巨乳魔女」にせよ、レビュー一覧に入れるのを忘れていました。あの一覧が実質、このブログにおける点数評価にあたるのですが、これをサボっているということは如何に点数付けを軽視しているのかがわかると思います。

 実際、点数に関しては作品を各項目で分ける…分析評価みたいなことをしているわけではなく、読み終わった時にどう感じたのか、この一点のみで付けていることからもわかる通り、ここにはほとんど力をいれていません。

 点数だけしか情報がないのならば、評者の嗜好、背景などがわからない限り、他人に取ってそれは何ら意味を持たない。自分の点数は好みの集合なのだから、自分の嗜好の集合なのだから、自分に取っては価値があります。ただ、個人的には、その面白かった面白くなかったの結果ではなく、何故その結論・・・点数に至ったのか。その導出過程自体に興味があり、点数自体にあまり興味を持てないのです。個から集団へと広げることが評価の意義であるのならば、点数という結果だけを見せることは何の意義も持たないのではないか?と。

 ただ、これは1作品に対しての評価の話であって、点数は集合させれば意味を持つのではないかと思っています。その評者の嗜好が・・・高得点作品、低得点作品を見て、傾向を掴めれば・・・その作品が自分にどの程度あっているのかが予想位は付けられると思うのです(実際、ぼくはレビュアーさんによってどういった傾向の作品なら自分に合いそう、合わなそうとかを使い分けていますし・・・知らない人であってもその人の高得点と低得点の作品を見て、好みを判別してから点数が自分にとってどういった意味を持つのかを考えてから参考にようとします)。

 それに点数評価は文章を用いずに相手にその作品が、個人的にどの程度面白かったのか否かを効率良く伝える手段の一つ。結論を伝えるだけなら、少なくとも長いコメントを読むよりかは、有用なのだと思います。

 ようは使い方次第であって、点数付け自体に意味はある(それだけで他者にちゃんと伝えられるなんて思っていませんが)。点数付けの仕方は変えないまでも、曲がりなりにも点数を付けている以上は、サボらないようにしないと、という反省でした。


6月プレイ報告

 

 忘れてました。先月のプレイ報告です。


 『はぴねす えもーしょん』
 「E-mote」はウィッチズガーデンほどではなかったように思えます。ただこれは「lite」だから、というよりはグラフィックスをそのまま使用したリメイク作品であるがため、グラフィックス使用枚数が少なかったため、場面場面に適用しきれなかったのが一番の原因のように思えました。まぁ、落ちたとはいえ、すもも、杏里辺りの活発なキャラクターはこの動きが性格をよく表していたので良い方向に働いているのではないかなと。シナリオに関してはレビュー上にあるとおり、不安を覚えた主人公が解説役でしかないという部分が、製作者がこれを前提に物語を作り上げているため、そこまで気にならずに楽しめました。


 『サキガケ⇒ジェネレーション』
 ヒロインの胸の大きさが印象に強く残ったわりにヒロインの中では一番貧乳の友梨亜を気にいるというよくわからない作品。シナリオとかの扱いを考えると、どのルートも良いポジションに居る最も巨乳な桜花も好きですけどね。プレイ直後の感想がヒロインの胸でかいなーくらいだったので微妙に感想を書くのに苦労した作品でもあります。今読み返してみるとあんまり作品の内容に触れてないや。


 『セミラミスの天秤』
 サキガケとは別の意味で感想が書きにくかった作品。書きたいことを羅列したら、今のレビューの倍以上になってしまって…まとめるのが面倒くさかったです…そのわりにまとまっていないし…。シナリオ的に愛生を気にいるかどうかが、この作品を気にいるかどうかに大きく影響を与えそうですね。それにしてもメインヒロインに陵辱はちょっと欲しかったです。


 『巨乳魔女』
 巨乳へのこだわり、掛け合いの面白さ、下克上的なシナリオの流れとシリーズ物だけあってか、相変わらずの安定感を見せますね。ただ、話がスケールダウンしたせいか、「巨乳ファンタジー」で得られたカタルシスは少なくなっています。物語をあえて小さくし、スポットを登場人物に当てている・・・のですが、心情などを書き込みが足りなかったように思えます。短編故に描けなかったのだとしたら残念ですね。

 『Re;Lord』
 完結していない作品なので、感想は完結してからにしようかなと思ったのですが、ゲーム部分、掛け合い共に気に入ったので、印象残し程度に、そのうち感想を挙げようかなと。


 先月のプレイ本数は5本。思ったよりもプレイしていました。前回の記事で言った月に2本とはなんだったのか。それにしても新しめの作品ばかりになってしまっていますね…。

 今月は『レミニセンス』を本編からFDまでプレイしようと考えているので、新作を含めると3本くらいになりそうです。『魔女こいにっき』、『エスカとロジーのアトリエ』辺りをプレイしたいですが、『レミニセンス』本編は長めだったと記憶しているので、ちょっと難しそう。


【購入記事】過去作7月2回目

 『レミニセンス-Re;collect-』を始めたのですが、案の定、話を忘れていました…。ただ、掛け合いの方は無印の頃に退屈さを感じたのはなんだったのかと思えるほど楽しめています。無印の頃に掛け合いに退屈さを感じたのも、実際は何かの間違いだったのでは?と。

IMGP1178.jpg


 まぁ、そう思い『レミニセンス』を購入しました。土日は『ガンダムBF』と『アーシャのアトリエ』で潰れてしまったので、新作までにFDも含めてプレイしてしまいたいです。ついでに色々購入。購入したのは『虐襲3』『連続>>>レイプ』『信天翁航海録』『霞外籠逗留記』『こんな娘がいたらぼくはもうっ…!!』『戦国天使ジブリール』『euphoria HDリマスター』『無限煉姦』です。『虐襲3』以外はプレイ済みですけど…。レミニセンス3000円程度で済ませようと思っていたのに何故か10倍以上に…どうしてこうなったのか…。

作品ごとの印象は画像で場所を取るので「続きを読む」以降へまとめます。


続きを読む

【雑記】(積みゲーの)現状把握


 最近、月に2本程度のプレイ速度なのに、買いすぎているような気がするので、積みゲーをまとめてみようかなと。タイトル一覧にすると見難くてしょうがないのでゲームメーターの「積みゲー」項目を整理して、スクショを引っ張ってきました(タイピングするのが面倒くさかったわけではありませんよ?)。点数を考えなければ、ゲムメは作品を管理するのが批評空間よりも楽で良いですね。まぁ、見たくない現実を直視することになるので、「やったゲーム」とかは入れないようにしていますが・・・。

積みゲ1
積みゲ2
積みゲ3


 数えてみると58本。積みゲーを一か所にまとめていたころは、50本を切るか切らないかを意識的に保っていましたが、そこから比べると8本の増加ですか。うーん、正直、もっと増えている物だと思っていたので、別段大丈夫かな?と思えます。これで安心して新作予約が出来そうです。


『巨乳魔女』 レビュー。

巨乳魔女

※ネタバレ注意 続きを読む

【購入報告】7月過去作色々

IMGP1117.jpg
IMGP1144.jpg


 購入した作品は『CloverDay’s』『レミニセンス-Re;Collect-』『リアル妹がいる大泉くんのばあい』『マブラヴALTERNATIVE Chronicles』『アーシャのアトリエ』『エスカとロジーのアトリエ』『ガンダムビルドファイターズBD-BOX1,2』です。うん、買い過ぎました。しかも、途中からエロゲじゃなくなっているし。作品ごとの印象残しは画像で場所を取るので、「続きを読む」に全部まとめます。

 7月に入ったばかりですが、6月の作品は『セミラミスの天秤』に引き続き、『Re;Lord ~ヘルフォルトの魔女とぬいぐるみ~』も終わりました。掛け合い、ゲーム部分、どちらも面白かったのですが、感想を書くかは微妙。ミドルプライスだけあってか、短い作品であり、そもそも続編を示唆するラストであったので、ちょっと書きづらい。

 6月新作で気になる作品といえば、『さくさく』は感想が出揃って来ましたね。ただ、特定キャラが不快との感想が目に付くのでちょっと後回し。過去作をプレイする限り、ここのメーカーで特定キャラが不快と言われている作品は、凄まじく突き刺さることが多いので…。もうちょっと待つことにします。

 現在プレイしている作品は終わり、購入済みの『レミニセンスFD』以外の6月発売作品は評価待ちなので、次の新作までの間にプレイする作品を考えたいですね。直前にプレイした『Re;Lord』の掛け合いが思いのほか『セミラミス』の鬱屈した読後感を吹き飛ばしてくれたのですが、短めだったため物足りなく、コメディ色の強い作品をもっとプレイしたい気分。手持ちの積みゲーで該当してそうな作品は『レミニセンスFD』『恋愛まで選択肢一つ』ですかね。これのどちらかと『魔女こいにっき』をプレイして新作を迎えますか。

 まぁ、迎える以前に7月新作で何が出るのかを把握しなければ…。


続きを読む

『セミラミスの天秤』 レビュー。

セミラミスの天秤

※ネタバレ注意 続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。