2013年12月 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

『妹のおかげでモテすぎてヤバい。』 レビュー。

c782501package.jpg


※ネタバレ注意 続きを読む
スポンサーサイト

『つよきす NEXT』 レビュー。

c771492package.jpg

※ネタバレ注意 続きを読む

【購入】過去作

IMGP0272.jpg



 微妙に積みゲーが減ってきたので購入しました。今回、購入したのは「アッチむいて恋」と「死神のテスタメント」です。積みゲーがあまり増え過ぎるのは嫌なので2本だけです(減り過ぎても嫌だし、増え過ぎても嫌だとか、わがままだよなと今更)。本当はカーニヴァルも欲しかったのですが、傷ありしか見当たらなかったので断念。今度店頭でも見て回って探そうかなと。


c668271package.jpg

 「アッチむいて恋」
 アサプロの作品でプレイしたことがあるのは「ひと恋」と「恋0」位です。どちらもギャグゲーとして楽しんだ作品であり、本作もその特色が現れていると聞き購入しました。女装主人公物とも聞きましたので楽しみです。最近、女装主人公物の作品ばかりプレイしている気がしますが、特に女装主人公作品に思い入れが強いというわけではないので、気のせいだと信じたいです。


c716195package.jpg

 「死神のテスタメント」
  ここの作品は「イデア」しかプレイしたことはありませんが、キャラクター造形が結構好みなんですよね。イデアが基本的に吹き出し進行(これが作品の良さにも繋がったと思っているので、ダメなわけではないです)でちょっと目が疲れてしまった記憶があり、それがこの作品を後回しにしていた理由の大部分…。しかし、本作の進行は基本的なADVだと聞き、それならと購入してみました。


IMGP0284.jpg

 こうやって並べるのは楽しいです。


 過去作をちまちまと買っていますが、新作を優先してプレイしているせいで、いつプレイ出来るのだろうかなと。まぁ、今年の作品で優先しているのはあと4本程度なので、年末休暇でプレイして、来年からは過去作もやっていこうかなと思います。


 パルフェの再プレイ(玲愛ルートだけですけど)が終わったので、次回更新は「つよきすNEXT」か「もてヤバ」の感想記事を挙げるかなと思います。今週中にどちらもはちょっと難しそうですけど、頑張りたいです。

 ではでは、この辺りで。

【雑記】年に一回はプレイするエロゲ。

c745453package.jpg


 ぼくはこの時期に再プレイする作品が二本決まっているんですけど、その二本を除いてエロゲを再プレイをすることは基本的にはないんですよね。するにしても、FDのための復習とか、そういった程度。

 再プレイの良さってなんだろうか。

 新規プレイとは違って、面白さがある程度は保証されている。プレイ済みの作品を売っていないのであれば、お金は掛からない。プレイ時間を把握しているので予定が立てやすい。最初に与えられている情報量が違うため、違った観方が出来るかもしれない。

 色々考えられると思います。


 違った観方というのであれば、個人的には「ガンナイトガール」(---CandySoft)がその実感を持たせてくれました。

 以下はガンナイトガールのネタバレになる可能性があるので反転。

 「シナリオの主軸となるのは謎…小夜子関連や敵の暗躍…を解いていくところとなり、1週目はそこに注視し、その謎はどうなるのだろうか?といった感じでドンドン進めることが出来ました。けれど、背景にある謎を知った状態でプレイした2週目は謎に目が行きがちだった1週目とは違い、どちらかというとヒロインの奮闘がとにかく目に映ったんですよね。展開で楽しんだ1週目、キャラクターの行動に燃えを感じた2週目。同じ作品であるのに注視する部分が変わるだけでこんなに味わいが変わるのだなと実感を持てた作品でした。」デメリットとして考えられる、“話の内容を覚えている”。これがプラスになる(作品に依るとは思いますが)のは大きいかなと。

 ただ、話の内容を覚えていると作品内の仕掛けでの驚き…選択肢のミスディレクション、BADENDなどの衝撃的な展開…はどうしても薄まってしまう。なので、シナリオやシステム、演出で驚かせることが評価に繋がる作品は噛み合わせが悪いんじゃないかなと思い、雰囲気で楽しむことの出来る「パルフェ~chocolat second brew~」と「ゆのはな」が毎年の再プレイする作品になっています。とはいえ、作品の驚きで勝負する作品であろうとも、注視する部分が変えられるかもしれないので一概には言えませんし、そういった作品を再プレイしてみたいなぁと。

 再プレイする楽しさ。

 積みゲーの多さ(この多さは個人のプレイ速度によると思います)で再プレイが出来なくなっている自分としては近頃よく考えてしまうこと。そんな再プレイを明日明後日は楽しむので、つよきすNEXTは終わりましたけど、感想はもうちょっと後になりますという報告でした。

【雑記】新作購入

IMGP0260.jpg



新作が発売したので、「つよきすNEXT」「戦国†恋姫」を購入してきました(忘年会で死んでいたので昨日は買って来れなかったという…)。戦国恋姫はソフマップのリミテッドエディションにしてしまったのはちょっと後悔。置き場がなさ過ぎて…。以前の記事で、ある程度は作品に対してコメントを残したので、書くことがなくなっているのは先月と変わらないですね…。

つよきすNEXTは掛け合いを楽しめればよし、戦国†恋姫はキャラクターの魅力を感じられればよし…ぐらいです。


IMGP0236.jpg



並べられた!と思いましたが、前の棚に入らなかったので移動…。

今日からつよきすNEXTをプレイして行きたいと思います。出来れば次の平日中に感想を挙げられたらなと。長そうですが3連休なので、なんとかなるでしょう。ととの。の感想をグリムガーデンの感想と同じ週にあげたいなぁと思っていたのですが間に合わなかったという。ちょっとずつ進めていたものべのHEが残り1ルートと考えるとそちらの感想も書きたいのでいつ書けるのだろうか…。レビューをもっと早く書けるようになれたらなぁと愚痴りつつ、今回はこの辺で。

『グリムガーデンの少女-witch in gleamgarden-』 レビュー。

c761998package.jpg


※ネタバレ注意 続きを読む

『乙女理論とその周辺-Ecole de Paris-』 レビュー。

c768379package.jpg


※ネタバレ注意 続きを読む

【雑記】予約したエロゲ

横に貼ってあるバナーでまるわかりですが、「つよきすNEXT」「戦国†恋姫」を予約しました。今月は発売が来週と早めなので、ある程度早めのこのタイミングで書きたいと思います。



c782321package.jpg

 『戦国†恋姫』
 エロゲじゃないですが、まぁ、気にしない方向で。 BaseOnの作品、恋姫無双シリーズの内2本はプレイしたことがありますが、無印とあと一本は何をやったのか、大分前だったので覚えていないという…。戦闘システムがあまり好みではなかった記憶はありますが、キャラクターのかわいさ、とあるルートの面白さとわりと好きだったなぁと。いや、角砂糖が延期したための代わりの予約ですがね。


c771492package.jpg

 『つよきすNEXT』
 つよきすは何作目でしたっけ…無印から三学期までを考えると結構あります。実を言うと三学期は途中なんです…シナリオが好み過ぎて終わらせるのがもったいない的な…。そして、今作のライターであるさかきさんは三学期を書いた方ですか。辻堂さんの方も手がけていて、そちらも大好きなので、わりとド安定かなと思っています。終わらせられるかなぁ…。


IMGP0173.jpg

ここに早く並べたい…(2学期がなぜ無いのかは聞かないでください)。


 近況
 どちらも長そうなイメージがありますが、年末の長期休暇があるので、わりと余裕をもってプレイできそうです。年越しはゆのはなをプレイするんですけどね。

 予約しましたって記事をここで書いておくと、新作を買ってからすぐにプレイ出来るので、わりと楽なことに気付いたので(あらかじめ書いておけよって話しですが)、毎月書こうかなと。

 購入記事は買ったことの証明と言いますか、パッケージをアップすること自体に意味があると思っているので、続けていこうかなとは思っています。何よりその作品の購入前印象をコメントするのは楽しいですしね。あとでレビューと見比べると大分変わってたりするのも楽しいです。ちょくちょくコメントが投げやりなのは反省していますが。

 ようやっと金曜日。今日から日曜日までに「グリムガーデン」を終わらせたいと思うので、次回更新はそれの感想記事になりそうです。「乙リロ」の感想も来週中に出来たら良いなとぼやきながら、今回の記事はこの辺りで。次回また。

【雑記】もてやば買ってきた。

IMGP0126.jpg

 購入画像。


 「さくおと」と「EA」が終わったので、以前の記事で言っていたように気になっていた『妹のおかげでモテすぎてヤバい』を買ってきました。ついでにエヴォリミットと同棲ラブラブルを再購入。ねこねこの新作はもうちょっと待とうかなと思います。多分今買ってもそんなにプレイできないので。



c782501package.jpg

 『妹のおかげでモテすぎてヤバい』
 最近のライトノベルを意識しているのかな?と思ってしまうタイトル作りで気になっていました(最近ラノベをあまり読んでいないぼくが言うのもアレですけど)。もしパロネタが多い作品だとしたら、ちょっと合わなそうですが、まぁ、絵買いでもあるので文句は言いません。キャラゲー補充の意味合いで買いましたが、今のところキャラゲーのモチベは低いため、現在プレイ中のグリムガーデンなどが終わったらプレイを開始するかなと思います。



c673804package.jpg

 『エヴォリミット』
 再購入品1。バレバトやあやかしびとなどのpropeller特有の燃えは堪能できませんでしたが、キャラクターの造形がとても良かった記憶があります。その良さは格好良いではなく、ヒロインのかわいさ・・・燃えゲーをプレイしたつもりだったのに、何故か萌え転がっていたあの感覚は今でも忘れられず買いなおしてしまいました。



c718733package.jpg

 『同棲ラブラブル』
 再購入品2。ラブラブルをそのうち再プレイしたいと思っていたので、その後に続けてやろうかなと思いまして。ラブラブル自体がキャラゲーとしてかなり大好きであり、わりとFDとしてもお気に入りの本作。安くなったら買いなおそうと思いつつだいぶ放置していました。そのうちラブラブルもレビューしたいなーと思っていますが、らぶでれーしょんやフレラバと似たような事を言いそうなので、もうちょっと日本語が上手くなってからやろうかなと思います。



IMGP0101.jpg

 まぁ、購入理由はこれがやりたかっただけってのはありますけどね(残りのSMEE作品は未プレイですが、欲しいなぁ・・・)。


 やはり、乙リロの感想を書けずに購入記事でお茶を濁しました・・・。もうちょっとレビュー書く速度早くなりたいなぁと思いつつ、この辺で。

『桜舞う乙女のロンド』 レビュー。

c776657package.jpg


 ※ネタバレ注意 続きを読む

【雑記】ノートPC届いたった。

 エロゲとあんまり関係のない記事です。「桜舞う乙女のロンド」のレビューで更新しようかなと思っていたのですが(もう大体書き終わっているので、朝にでも)、ノートPCが届いたので、ノートパソコンを新調しましたという、もうただの日記で。これでお外でエロゲが出来るからエロゲとは関係あるかもしれません・・・と思いましたが、そもそもデスクトップでしかエロゲは集中できないので、結局関係ない。


IMGP0026.jpg


 購入したのはPanasonicのLet's note CF-AX3です。ノートPCは持ち運び出来ることを前提として購入しているので、出来るだけ軽くて小さく、バッテリーがそこそこ持続し、筐体がある程度しっかりしていることが条件。11インチほどで1.13kg、バッテリーが公称13時間(まぁ、7時間は持つでしょう・・・)、そしてLet's Noteの筐体は評判が良いのでこれにしました。しかし、今になって思うとこの条件だったら同じLet'sNoteのJ10で良かったような気がします・・・。


IMGP0067.jpg


IMGP0033.jpg


 タブレットになるそうな・・・使うのかなぁ・・・?一つ前のAX2はヒンジの部分が弱く、AX3では改善されたと聞いたので、筐体に関してはそこまでの不安はありません。適当に旅先で撮った画像の編集、もしくは外で文章を書きたいなというのが目的なので、この機能とスペックいるの?という疑問が・・・いや、解像度は欲しかったので良いことには良いですけど。とは言っても、最近のノートPCだとこれくらいのスペックが当たり前のようですね・・・。

 ノートPCの持ち運びでは1.5kgが限度と言われたことがあり、前のノートPCのvostro1220が1.5kgだったのですが、それでもACアダプタを込みで考えると意外と重いんですよね・・・。今回のは400g程度の減少ですけど、それがどうでるのか。OSはWindows8.1なのですが、早々に変えてしまいたい位にUIが使いづらい。まぁ、そのうち慣れると信じて・・・。このOSで古いエロゲ動くのかなーと試してみたいってのがあるので、7へのダウングレードは多分しないかなと思います。

 わりとケチ付けていますが、持ってみた感じ重くはなかったし、画質もそこそこであったので、用途は十分満たしてくれそうで満足ではありますけどね。


 エロゲのレビューだと大体肯定しようとするのに、こういう購入したPCの話などになるとどんどんネガティブになっていく気がするので、この辺りでこの話は終わりにします。


 以下、エロゲ関係の近況を適当に。

 今月の新作発売日が20日だと知って、つよきすNEXTしか購入確定していないことを思い出しました。もう一本くらいは購入したいですね。おそらく角砂糖の新作かMOREの新作辺りを買うかなーと思います。
 
 レビューは君と彼女と彼女の恋、乙女理論とその周辺を書きたいなと思っているのですが、なかなかまとまらない・・・。さくおとの次のレビュー更新はこの二つのどちらかになるようにしたいです(多分購入記事でお茶を濁す未来が見える)。

 現在プレイ中の作品はグリムガーデンの少女とChuSinGuraとものべのHE。ええ、何故か順繰りやっています・・・。こういう時は大体進むのが遅くて終わらないパターンですが、多分大丈夫なはずです・・・根拠なんぞありませんが。

グリムガーデンは先週の日曜日から始めました。この作品を車輪の国やグリザイアの果実で例えていた方がいらっしゃいましたけど、確かに想起させるような内容ですね。シナリオというか設定のせいで閉塞的にならざるを得ないので、車輪、グリザイアと比べてどういった展開を見せるのか、楽しみです。

 ものべのは演出が素晴らしいですね。特に背景絵などの演出が。全体的に見て楽しませると言えばいいんでしょうか。今のところは眺めているだけで楽しい作品です。

 ChuSinGuraは同人版で3章までやっていたので、今の今まで積んでいました。4章以降が微妙と聞きすぎたせいで、3章までやってしまったのに、商業版どうしよう的な・・・。そんなやる気力がそがれていたという甘えですかね・・・。

 凄まじくまとまりがつかない日記になってしまいましたが、この辺りで。また次回更新時に。 続きを読む

『Electro Arms』 レビュー。

c771639package.jpg

※ネタバレ注意 続きを読む

【雑記】今年のエロゲは不作云々。

c769053package.jpg


 ※以下の文章では今年のエロゲが不作だとか、豊作(この言い方はみたことないですけど)だとか断定するものではありません。個人的なことを言うだけです。それをご了承いただける方のみ、お読みください。

 この話題に関しては2chで毎年見る「今年のエロゲは不作だったよな」(細部が違っても許してください・・・)というスレタイは煽り文として巧いなと思うことです。

 まず、不作かどうかなんて決まらないんですよね。

 発売されたエロゲの感想や点数のデータを保有している最大手と言えばエロゲ批評空間を思い浮かべますが、批評空間の点数で決定したところで不満を持つ人は居ると思います。まぁ、当然のことと言えば当然のことで、批評空間の目的がデータ遊びというか、統計という評価方法の一つに過ぎない。指標の一つに過ぎませんので、不作か豊作…年度の当たり外れを決めるという目的で考えると違うものです。さらには単発IDでの連投云々などが槍玉に上がり、不作か否かが決まることなどはなくお流れになることはよくあると思います。

 (ユーザーとしては個人的に信頼出来たり、嗜好が合ったりするレビュアーさんを見つけたり、またはPOVやらのデータを用いたり…“自分にとっての”良作を見つけるため、非常に有用なサイトの一つではあると思いますけどね)

 また、売り上げで語ろうとすれば、そのデータに信頼性は云々や売り上げと中身の乖離が云々で、わりと決定打になることはなく、話題が終わっていることが多い。

 結局、「不作」と言って業界全体のこと話しているのに、その実、話せることと言ったら、個人の感想でしかない。そのため、「今年は面白い作品に出会えた/出会えなかった」だから「今年は“個人的には”豊作だった/不作だった」程度の結論になるのはわかっていることです。

 けれど、あれは煽りタイトルとして正しいし、そこで起きる話し合いはあんまり無駄ではないと思います。実際はこの煽りタイトルに対して、「いやいや、こんなに面白い作品あったでしょ」と意見がでることでエロゲの話題が活発になるもの。あそこで反対意見として挙げられたエロゲのタイトルたちを見る度に、ああ、豊作だったのかと振り返って楽しめます。

 それはTwitter辺りに流れても変わらないですね。TLは今年のエロゲの話題で持ちきりになったりしますし、この人はどういう作品が面白かったのだろうなどがわかったりする。こうしてみると、わりと有用なスレなんじゃないかなと思います。

 まぁ、だからこそ、「今年のエロゲは不作」なんてスレタイは毎年出てきますし、あれは煽り文として巧いなと言ったわけです。

 結局、業界自体の不作かどうかは決定できなさそうですし、最初に言った通り、今回の記事はそれを決定するようなものでもありませんし、する気もありません。

 2013年発売の作品の個人的なランキングをやりたいなーと思いまして。

 ええ、前置きが長かったわりに言いたかったことはこれだけです・・・。「今年のエロゲは不作だった」この言葉に対してぼく自身は実感がわかないんですよね。なぜかと言うと、ぼく自体はあんまり新作をメインに追いかけると言うことはなく、分量的には過去作がメインなんですよ。そうすると過去作の合間に少々の新作をプレイしている状態に・・・。そのため、エロゲ自体に対するイメージはその年に発売したエロゲに対するイメージよりも、その年にプレイした過去作のイメージの方が強くなり、毎年言われている「不作」という言葉に実感がわかない・・・。そのため、前述したような反対意見としての良作だと思ったタイトルを即座に上げることができず、眺めているだけになることが多いんですよね・・・(前年の作品なのか今年の作品なのかがときどき曖昧になるという・・・)。楽しそうだなと思うんですけど、あんまり参加できないのが悲しいと言うか・・・。

 また、年ごとにどうぼくのエロゲに対する不作か否かは変化しているのだろうな?と疑問に思ったので、まとめて置きたいなと。今年発売の作品でプレイ済みが大体30本ちょっと、前述の作品を足せば35本程度はあるので、適当にデータとして残すついでに記事ネタにしてしまえという魂胆(全部にコメントを付けることはしません。上位10本位にはコメント付けて、残りは点数だけにしようかなと)。批評空間でもいいのでしょうけど、単純にゲームメーターと同期させたら中途半端になってしまい、登録がめんどうくさいことになっているので、放置しているんですよね・・・。年ごとの傾向ということは2012年以前のまとめも作らないといけない感じですけど、まぁ、それは今度気が向いた時にでも・・・。

 以上、今月のプレイしたい作品が新作・・・桜舞う乙女のロンド、ものべのHE、ChuSinGura、グリムガーデン、おじょナナ(虚は殻再プレイしてからやろうと思っているので、時間的に無理そうなので断念)・・・に偏ってしまっているのもしょうがないね、という話でした。

2013年11月プレイ報告

 先月のプレイ報告です。


IN:購入した作品一覧
お嬢様はご機嫌ナナメ
ものべのHE
サバト鍋
鎖~くさり~
グリムガーデンの少女
平グモちゃん ―戦国下剋上物語―
初恋サクラメント
桜舞う乙女のロンド
ElectroArms


OUT:プレイした作品一覧


c770405package.jpg

 『聖娼女 ―性奴育成学園―』
 抜きゲーです。システム面でのエロさが売りの本作。シナリオなんてヒロインが堕ちる過程を描いているだけ…なので。絵さえ気に入るのであれば、安定して使える作品だと思います。


c771490package.jpg

 『カルマルカ*サークル』
 設定がキャラクターのためにあり、シナリオにおいてもさして優劣を付けず、キャラゲーとして作り上げた本作。前作前々作が後半の泣きシナリオを描いたが故に人気が出たことを考えると、わりと冒険しているように感じられました(内容的には安定思考に思えますけど)。購入の際には、前作前々作とはシナリオの方向性が別物となっている点を気を付けた方が良いような気がします。まぁ、キャラ造形とかはあんまり変わっているようには感じなかったので、キャラクター目的なら安牌かなと。


c779716package.jpg

 『グリーングリーン OVER DRIVE EDITION』
 青春ものであるグリーングリーンのリメイク作品。男友達の描写を濃くし、面白さに懐かしさが加わっているように感じられます。ただ、とあるルートが痛いため、個人的には鬱ゲー。


積みゲー棚(画像汚くてすみません・・・)
IMG_3656.jpg
IMG_3662.jpg
IMG_3670.jpg


罪の数:+6


 先月は英雄伝説のFCとSCをプレイしていたので、大分プレイ本数が少なくなりました・・・(言い訳)。やっとRPGをプレイしたい欲求から解放されたかなと。それにしても積みゲーの棚の写真をあげましたけど、そろそろ積みゲーの置き場所が危うい・・・。いい加減、今月はエロゲの方をプレイしていきたいなと思います。EAはクリアしたのが日をまたいでだったので、一応今月の方にいれようかなと。


『グリーングリーン OVER DRIVE EDITION』 レビュー。
『カルマルカ*サークル』 レビュー。
『聖娼女 -性奴育成学園-』 レビュー。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。