カテゴリ:罪ゲー の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

7月プレイ報告

 先月のプレイ報告です。

 『ちぇ~んじ~あの娘になってクンクンペロペロ~』
 TS物の良さはわかりませんでしたけど、バカゲーとして楽しめました。シチュエーションの豊富さも面白味の一つでもありますが、主人公造形が好きですね。やってみて考える、なタイプ主人公はこういった作風にしっかり合っていますし、読んでいて単純に気持ちが良かったです。はやく感想を書きたい。

 『フラテルニテ』
感想で『euphoria』とは大分趣向を変えましたねと言いましたが、正直な話し、それは最終的なシナリオの方向性だけであって、やっていることはあんまり変わらないのかなと。ぼくはどちらかというと、エログロというか、18禁だからこそ、なシチュエーションを見たいと思って買ったので、シナリオはそこまで気にならなかったというか…そこは重視していなかったというのはありますけど。『euphoria』の終盤の落差は確かに好きではありますけど、こういった後味…心地いいだけがエロゲじゃないんだという趣向は、むしろ良いなとすら思えてしまったので…。ただ、シチュエーション的な意味ではちょっと不満。鬱陶しいヒロインを潰す、的な暗い愉悦を味わいたかったなーとは。

 『レミニセンス本編&FD』
 本編は発売日にプレイ済みだったのですが、FDをやってみると大分内容を忘れていることに気付いたため、急遽、本編からのプレイ。プレイ当時は、あんまり楽しめなかったのですが、今やってみると掛け合いとか楽しめているのは何なのだろうか・・・。FDはこれまでとは全く別の話を展開していくので、通してみると、完結させる気はないのかなと思えてきます。何を持って完結とするのか?というのはありますけどね。正直な話、この作品は、“主人公の記憶の物語”としては本編で確かに完結してしまっているので…ライターさんとしてはこれで終わりなのかもしれません。ちと物足りないですが。


 先月は4本。本数だけを見れば、意外とプレイ出来た月です。とはいえ、フラテルニテが短かったですし、レミニセンスの本編に至っては再プ。そう考えるとあんまりプレイ出来ていないですね。まぁ、「ちぇ~んじ」がかなりツボに入ったので、わりと満足な月ですけど。

 それにしても『エスカとロジーのアトリエ』が結構な時間泥棒となっていてですね…。アトリエシリーズはアーランドシリーズ辺りからプレイし始めた人間なので、あんまり語れることもないのですが、毎度のことながら次週持ち越しの最強装備制作に時間を掛けてしまうのは…。今回の調合システムは、強力な潜力が付いた材料は複数なくても良い、かつ調合スキルの充実っぷりのせいか、いつも以上にのめり込んでいる気がします。それにしてもエロゲとは違い立体的だからおっぱいに目が行くはずなのに、平坦なウィルベルちゃんがもっともかわいいと思えてくるのは何かおかしい…。

 おかげで『ユメミライ』はちょっとプレイした程度。とりあえず、序盤も序盤ですが、丁寧な作品という印象を受けました。例えば、主人公の名前を確定させるのは、ゲームウィンドウでではなくゲーム内の申請用紙を用いているところとか。虚構体験を与えてくれるのがゲームなのですから、ウィンドウというゲームであることを意識させるものは排除する…読み手の視点を意識して、こういった細かいところに配慮を出来ているのは良いですね。この配慮が背景の使い方、演出タイミングなどにも適用できているのだから、読み進めてて心地が良いです。

 「丁寧な作風」という評をよく見かけるのも頷ける話です。序盤も序盤ですけどね。


スポンサーサイト

6月プレイ報告

 

 忘れてました。先月のプレイ報告です。


 『はぴねす えもーしょん』
 「E-mote」はウィッチズガーデンほどではなかったように思えます。ただこれは「lite」だから、というよりはグラフィックスをそのまま使用したリメイク作品であるがため、グラフィックス使用枚数が少なかったため、場面場面に適用しきれなかったのが一番の原因のように思えました。まぁ、落ちたとはいえ、すもも、杏里辺りの活発なキャラクターはこの動きが性格をよく表していたので良い方向に働いているのではないかなと。シナリオに関してはレビュー上にあるとおり、不安を覚えた主人公が解説役でしかないという部分が、製作者がこれを前提に物語を作り上げているため、そこまで気にならずに楽しめました。


 『サキガケ⇒ジェネレーション』
 ヒロインの胸の大きさが印象に強く残ったわりにヒロインの中では一番貧乳の友梨亜を気にいるというよくわからない作品。シナリオとかの扱いを考えると、どのルートも良いポジションに居る最も巨乳な桜花も好きですけどね。プレイ直後の感想がヒロインの胸でかいなーくらいだったので微妙に感想を書くのに苦労した作品でもあります。今読み返してみるとあんまり作品の内容に触れてないや。


 『セミラミスの天秤』
 サキガケとは別の意味で感想が書きにくかった作品。書きたいことを羅列したら、今のレビューの倍以上になってしまって…まとめるのが面倒くさかったです…そのわりにまとまっていないし…。シナリオ的に愛生を気にいるかどうかが、この作品を気にいるかどうかに大きく影響を与えそうですね。それにしてもメインヒロインに陵辱はちょっと欲しかったです。


 『巨乳魔女』
 巨乳へのこだわり、掛け合いの面白さ、下克上的なシナリオの流れとシリーズ物だけあってか、相変わらずの安定感を見せますね。ただ、話がスケールダウンしたせいか、「巨乳ファンタジー」で得られたカタルシスは少なくなっています。物語をあえて小さくし、スポットを登場人物に当てている・・・のですが、心情などを書き込みが足りなかったように思えます。短編故に描けなかったのだとしたら残念ですね。

 『Re;Lord』
 完結していない作品なので、感想は完結してからにしようかなと思ったのですが、ゲーム部分、掛け合い共に気に入ったので、印象残し程度に、そのうち感想を挙げようかなと。


 先月のプレイ本数は5本。思ったよりもプレイしていました。前回の記事で言った月に2本とはなんだったのか。それにしても新しめの作品ばかりになってしまっていますね…。

 今月は『レミニセンス』を本編からFDまでプレイしようと考えているので、新作を含めると3本くらいになりそうです。『魔女こいにっき』、『エスカとロジーのアトリエ』辺りをプレイしたいですが、『レミニセンス』本編は長めだったと記憶しているので、ちょっと難しそう。


【雑記】5月プレイ報告

 5月のプレイ報告です。忘れてた訳ではないです。1本だけになるかと思ったのですが、「ゴリッジ」が30日にコンプ出来てしまったので、こっちに。

 「ゴールデンマリッジ」
 ようするにヒロインの玉の輿をどう納得させるかに徹している作品、とか言ってみる。舞台はこのメーカーなので相変わらずなんですけど、この設定から生まれた天谷 玲というキャラクターがかなりツボに入りました。こういう好感の持てるキャラクターが物語を引っ張って行く過程は非常に気持ちがいいです。

 「アッチむいて恋」
 女装主人公物ではありますが、主人公のかわいさなどはあまり強調されなかったように思います。けれども、その主人公設定には他にきちんと意味があったので好感触。この意味は、レビューを挙げたあとで気づきましたが、公式でちゃんと説明していたっていうのがね…。まぁ、その辺りを気にしなくともコメディ色が強めの掛け合いは面白かったです。

 先月はフリーソフトを除くと2本…まったくと言って良いほどプレイ出来ていませんね。今月は「はぴねす!」が終わり、「サキガケ」が残り3ルートなので、新作を含めれば先月よりは多くなりそう。問題は「魔女こいにっき」をどうするか。結構、ネットの評価は両極端に別れている感じですね。ただ、周囲を見ると否の方が多めなのが怖い。「サキガケ」が終わったら、おそるおそるプレイし始めてみます。

【雑記】4月のプレイ報告

 先月のプレイ報告です。

 購入した作品。
 BARDL SKY ZERO 02
 レーシャル・マージ
 空飛ぶ羊と真夏の花

 プレイした作品。


c792299package.jpg

 レーシャル・マージ
 安定のAXLと言いますか、求めていた部分をちゃんと満たしてくれたのが良かったです。欲を言えば、前作のバジルみたいなヒロインが欲しかったですが・・・ただ、代わりに純朴な青年が周りを変えていく王道とも言える気持ちの良いシナリオ展開が好みだったので、これはこれで。



平グモちゃん

 平グモちゃん下剋上物語
 戦国時代を舞台にした作品。選択肢の多さというか、エンド数が36もあったため、凄い疲れました。戦などの戦闘シーンに注力するわけではなく、その無数の選択肢の積み重ねから、どういったエンドに繋がるのかに注力している作品ですかね。そのため、ヒロインエンドは結構差別化が図られていて、その対比が面白かったです。はやく感想を書きたい。




大図書館の羊飼い -Dreaming Sheep-

 大図書館の羊飼い-DreamingSheep-
 これも感想を書いてない…。面白かったので、軽くルート毎の雑感でも書こうかなとは思いますが。


空飛ぶ羊と真夏の花

 空飛ぶ羊と真夏の花
 攻略が完了したのは、レーシャルマージより1日ほどあとなのに、いまだに感想を書いていないという。正直な話、掛け合いがあまり合わなかったせいで、中々感想がまとまらないんですよね…。こういう掛け合いだけで合うか合わないかが判断出来てしまう作品は、体験版をやっておけば良かったなと後悔してしまいます(しかし、次回も同じことをやりそうな・・・まるで学習しない)。感想は、まとめてみて、批判的になっていないようであれば、挙げるかなと思います。



 風邪で死んでいたとはいえ、先月にプレイした作品の4本中3本感想を書いていない怠けっぷり。とりあえず、ソラハナの感想はさっさと書いてしまおうかなとは思っています。

 積み棚はあんまりにも変わり映えしないので、たまに載せるくらいにします。年一回位?

【プレイ報告】2014年3月

先月のプレイ報告です。

IN 購入した作品
ハロー・レディ!
ひこうき雲の向こう側
大図書館の羊飼い-DEAMING SHEEP-


OUT プレイした作品


イノセントガール

 イノセントガール
 共通は前作とあんまり変わらないので、新鮮さのみを求めてのプレイは推奨しないです。相変わらず、ヒロインの変態性とかわいさは両立しているので、そこ目的ならありかなと。シナリオは前作と異なり、素直な成長物語にしているため、ギャップに戸惑いました。共通、個別ともにどちらも良さはあるんですけど、もうちょっと共通と個別を埋めるものが欲しかったです。




相州戦神館

 相州戦神館 八命陣
 こういった作品は設定の膨大さ故に、最終的に描きたい物がブレ、自滅してしまう作品が結構あるんですよね・・・。そんな中で、この作品は最後まで描きたい物が一貫していたように思います。そのために、小利口にまとまったという評が多くなってしまったのは可哀想ですが・・・。まぁ、それでも、こういった目的をハッキリ定め、それに向かっていくシナリオは非常に気持ち良くて好きなんですよね…。



650_120.jpg

 私のリアルは充実しすぎている
 フリーの同人作品であり、人生初の乙女ゲーという奴です。基本的に女性キャラクターの外面から内面を想像させ、それで心を動かさせ、それを萌えと感じさせるのが多くのエロゲだと思うのですが・・・本作は乙女ゲーであるので、主人公は女性であり、視点となる彼女の内面をとにかく描いているのが凄く新鮮に感じました。エロゲでもヒロインを、こういった形で表現する作品がたまには出て欲しいなぁと。まぁ、それでも外面→内面として(よーするに普段プレイしているエロゲのヒロインっぽく)描かれた閑音に最も萌えた辺り、結局、萌えゲー好きということを何故か乙女ゲーで再認識できたのはなんとも言えないのですが。





ひこうき雲の向こう側

 ひこうき雲の向こう側
 プレイ後の虚脱感と言いましょうか、喪失感が半端じゃなかった作品。虚構を体験することが、創作物をプレイする、もしくは読む目的であるのだとしたら、終わった後に、あれだけの喪失感を味わわせてくれたこの作品は、それだけ、自分にとって素晴らしい虚構体験を与えてくれた・・・エロゲをプレイする第一義を果たしてくれたのだと思います。



ハロレ

 ハロー・レディ!
 異能の力を使ったバトル物な作品…ともすれば、悪い意味での恥ずかしさに繋がってしまうこの題材を、主人公に強烈な個性付けを与え、その主人公で、序盤をあくまでコミカルに描いたおかげで、取っ付きやすさと飽きない面白さを両立出来ていたのが良かったです。はよ感想書きたい。



大図書館の羊飼い

 大図書館の羊飼い
 再プレイ作品。前回の記事で、一部のルートだけしか再プレイしないとか言いながら、結局、全ルート再プレイしてしまいました。全体的に丁寧な印象を受ける作品ですね。シナリオはキャラクターを捨てない…キャラゲーとして、こういったこだわりを見せるのは結構好きです。これもはよ感想書きたい。


 購入した作品が少なくなっていますね・・・。というか、新作しか買っていない。いや、再購入は2本作位したんですよ?ここには含めていませんが…。

 プレイした作品は、大図書館の羊飼い本編の再プレイも含めると、今月はわりとプレイした月かなと。毎月これ位プレイ出来たら、と思いますが、先月の新作は大図書館しか残ってないので、今月はそんなにプレイしなさそうです。


 土日前に、ハロレの新作の感想を挙げたかったのですが、間に合いませんでした(書くことをまとめてすらいない)。ひこうき雲の感想に時間を取られ過ぎました…。いや、正確に言えば、ひこうき雲をプレイした後の喪失感が酷くて、他のことがあんまり手に付かなかっただけですけど。それにしても、去年に引き続き、90点以上を付けた作品のライターがさかきさんというのは…。今年は他にも、それだけ好みの作品に出会えるといいな、と思います。

変わり映えしなさすぎな積みゲー棚(これを見るたびに、過去作やらないとなぁと・・・)
IMGP0765.jpg
IMGP0770.jpg
IMGP0772.jpg
IMGP0802.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。